皮膚炎を防止する方法

症状に応じた予防法

Permalink

皮膚炎の種類は多く年代によっても発症する症状が違いますが、全体的に共通しているのは強いかゆみと湿疹があるという事です。患部をかかない事と清潔にしておくことなどでも、症状をやわらげる事ができまず。尿幼児を中心に発症しやすい脂漏性皮膚炎は名前からなんとなく想像できるように、皮膚が異常に乾燥したようにがさがさになる事に加えて油脂分の多いふけが出ます。

早いと生後3ヶ月目から発症しますが、しばしば30歳以上の成人男性にももられる事があります。頭皮に発症した場合は特殊な薬用シャンプーを使って予防します。中年期に発症しやすい貨幣方皮膚炎もあり、文字通り貨幣のように楕円形の発疹がでます。冬などの乾燥した季節に最も繁茂にでます。吹き出物や水疱を伴う事もあり体中のいたるところに発症します。保湿剤で症状を緩和する事が多いです。また、アトピーの肌体質の方にも保湿は必ず行うようにしてください。紅皮症は文字どおり体中が真っ赤な皮に覆われたようになって剥がれてくる皮膚炎ですが放置すると命にも関わる重篤な皮膚炎ですがはっきりした原因はわかっていません。

毛や爪が剥がれ落ちたり、かゆみがあったりリンパ節が腫れたりなどの症状を伴う事もしばしばです。皮膚が大きく損傷しているゆえに体温調節がうまくいかなくなる事に加えて、感染症にもかかりやすく皮膚を再生するにあたって栄養補給が大量に必要になる事も多々あるなど、皮膚炎の中でも特につらい症状を伴います。入院治療を通常行います。

早期治療を

Permalink

接触性皮膚炎のように皮膚炎の原因となったもとがわかっているなら、そこへ近づかない事で予防ができますし、ステロイド外用薬を処方してもらい塗布すれば少しずつ回復していきます。症状がやや重くかゆみがひどい場合は抗ヒスタミン剤が処方される事もあります。

いずれにせよ薬剤師もしくは皮膚科に相談してみるのが無難です。何に反応するかは人の数だけあると言っても良いほど数限りなくあり、シャンプーや整髪料あるいは化粧品などにアレルギー症状が出る人もいますし、下着の材質や湿布薬にかぶれるという人もいます。たまたま体力が弱っている時に毒性のある植物と触れてしまったゆえに、湿疹が出る人もいる事に加えて発症するまでに相当な時間差がたってしまっている事も多いゆえに、皮膚炎を引き起こした“もの”をつきとめるのにも少々時間がかかる事もありますが、原因をつきとめる事自体が予防につながりますからあきらめずに探してみてください。

ただしアトピー性皮膚炎のように元々アレルギー体質があってたまたま食べ物やハウスダストなどが引き金になって発症したものですと、発症元を突き止めても完治にいたらず長期苦しみ続けるものもあります。特にアトピー性皮膚炎に関しては未だ研究途中というレベルですから、特効薬というものもなくステロイド軟膏でかゆみを抑えているのが現状です。

皮膚炎を防止する

Permalink

今回のテーマは“皮膚炎を防止する方法”です。皮膚炎の苦しみはかゆみにつきると言っても良く、そのつらさは体験したものにしかわからないものでもあります。原因のすべてが解明されたわけではないですから、これをやれば100%だいじょうぶというものは、実はありませんが少しずつかゆみと湿疹がおきるメカニズムが少しずつ明らかになってきました。

湿疹というとアトピー性皮膚炎が有名ですが、実は湿疹の表れ方は複数あります。今現在わかっているだけでも口周囲皮膚炎、汗疱、限局性掻爬皮膚炎、うっ血性皮膚炎、全身性剥脱性皮膚炎、貨幣状皮膚炎、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎そしてアトピー性皮膚炎とあり、特殊な例としてうるし皮膚炎のように特定のものに過敏に反応するものもありますが、一般的に知られているのはアトピー性皮膚炎に接触性皮膚炎でしょう。それぞれに予防法や治療法が違いますから、正しい診断による適切な治療をうけないと逆効果どころか、もっとひどくなる事もありますから早めに皮膚科を受診して皮膚炎の原因をまず把握していく事が大切です。

必ずしも皮膚炎のすべてが重症化するとは限らず初期レベルで収まってしまうものもあることから、病院ではなく薬局の薬剤師との相談で適切な薬を処方してもらって自力で癒やす方法も人気となっていますが、通常の皮膚炎に見えても実は他の病気の影響で症状が出ているケースもたまにありますから、最初だけは専門医に相談する方が無難です。