早期治療を

Permalink

接触性皮膚炎のように皮膚炎の原因となったもとがわかっているなら、そこへ近づかない事で予防ができますし、ステロイド外用薬を処方してもらい塗布すれば少しずつ回復していきます。症状がやや重くかゆみがひどい場合は抗ヒスタミン剤が処方される事もあります。

いずれにせよ薬剤師もしくは皮膚科に相談してみるのが無難です。何に反応するかは人の数だけあると言っても良いほど数限りなくあり、シャンプーや整髪料あるいは化粧品などにアレルギー症状が出る人もいますし、下着の材質や湿布薬にかぶれるという人もいます。たまたま体力が弱っている時に毒性のある植物と触れてしまったゆえに、湿疹が出る人もいる事に加えて発症するまでに相当な時間差がたってしまっている事も多いゆえに、皮膚炎を引き起こした“もの”をつきとめるのにも少々時間がかかる事もありますが、原因をつきとめる事自体が予防につながりますからあきらめずに探してみてください。

ただしアトピー性皮膚炎のように元々アレルギー体質があってたまたま食べ物やハウスダストなどが引き金になって発症したものですと、発症元を突き止めても完治にいたらず長期苦しみ続けるものもあります。特にアトピー性皮膚炎に関しては未だ研究途中というレベルですから、特効薬というものもなくステロイド軟膏でかゆみを抑えているのが現状です。