症状に応じた予防法

Permalink

皮膚炎の種類は多く年代によっても発症する症状が違いますが、全体的に共通しているのは強いかゆみと湿疹があるという事です。患部をかかない事と清潔にしておくことなどでも、症状をやわらげる事ができまず。尿幼児を中心に発症しやすい脂漏性皮膚炎は名前からなんとなく想像できるように、皮膚が異常に乾燥したようにがさがさになる事に加えて油脂分の多いふけが出ます。

早いと生後3ヶ月目から発症しますが、しばしば30歳以上の成人男性にももられる事があります。頭皮に発症した場合は特殊な薬用シャンプーを使って予防します。中年期に発症しやすい貨幣方皮膚炎もあり、文字通り貨幣のように楕円形の発疹がでます。冬などの乾燥した季節に最も繁茂にでます。吹き出物や水疱を伴う事もあり体中のいたるところに発症します。保湿剤で症状を緩和する事が多いです。また、アトピーの肌体質の方にも保湿は必ず行うようにしてください。紅皮症は文字どおり体中が真っ赤な皮に覆われたようになって剥がれてくる皮膚炎ですが放置すると命にも関わる重篤な皮膚炎ですがはっきりした原因はわかっていません。

毛や爪が剥がれ落ちたり、かゆみがあったりリンパ節が腫れたりなどの症状を伴う事もしばしばです。皮膚が大きく損傷しているゆえに体温調節がうまくいかなくなる事に加えて、感染症にもかかりやすく皮膚を再生するにあたって栄養補給が大量に必要になる事も多々あるなど、皮膚炎の中でも特につらい症状を伴います。入院治療を通常行います。